顔に立体感と艶をプラス!クッションハイライトがおすすめ

「クッションハイライト」って、使ったことありますか?

 

パウダーのハイライトはは調節しやすいですが、粉っぽく見えたり、強調されすぎてしまったり。
クリームハイライトはナチュラルに仕上がりやすいですが、量の調節が難しくヨレてしまったり、、、

そんなお悩みを解決してくれるのがクッションハイライトなんです!

 

クッションハイライトの良いところは、なんといっても「瑞々しい艶」をプラスできること。

肌をただ光らせるのではなく、艶を仕込んだようなナチュラルな仕上がりになりますし、
しっかり叩き込むことで薄付きでヨレにくくなるんです💓

持ち運びもできるので、外出先でのお化粧直しにもピッタリですよ。

 

今回は、ハイライトの入れ方と、おすすめのクッションハイライトを紹介します!

ハイライトの入れ方

ハイライトは、部分的に光やツヤを仕込むことで、顔に立体感を出すメイク方法です。

少し手を加えるだけで、自分の理想の骨格に寄せられたリ、コンプレックスをごまかしたりすることができます。

 

ハイライトはどこにどんな風に入れるかがとっても重要なので、部分別に紹介します!

おでこ

おでこに丸くハイライトをいれることで、丸みと立体感のあるおでこに。

チワワや赤ちゃんのおでこを思い出してみてください。
実は、愛らしいお顔は「おでこに丸みがある」という共通点があるんです!

年をとるとおでこの脂肪が減って平らになってきますから、おでこにまぁるくハイライトをいれて立体感を出してあげましょう。

目元のCゾーン

目元のCゾーンにサッとハイライトを入れてみましょう。

目元が明るく見えることで、お顔全体に透明感がプラスされます。


頬の高い位置にふんわりとハイライトを入れると、頬に立体感がでます。

クッションハイライトは瑞々しい光を入れることができるので「つや玉」ができ、若々しい印象にも♪

顎先に小さくハイライトを仕込むことで、顎がツンと小さく見え、小顔効果があります。

口元

唇の山の三角ゾーンにハイライトを入れると、可愛らしいアヒル口に仕上がったり、

口角の下にハイライトをいれることで、下がってしまった口角をキュッと引き上げて見せられます。

唇に立体感がでると、人中(鼻から唇の距離)を短く見え、より美人な顔立ちに見えますよ♪

 

口元など、クッションハイライトを細かな部分に使いたい場合は、パフを折った先端を使ってみましょう!

鼻筋

鼻にスッとハイライトを入れることで、鼻筋の通ったシュッとした鼻にみせられます。

中顔面が長い方は、画像右のように1本線を入れてしまうと長さが強調されてしまうため、画像左のように、鼻根付近と鼻先だけにハイライトをいれてみましょう!

反対に、鼻が短い方は鼻根から鼻先まで1本の線を書くようにハイライトを入れることで、鼻を長くみせることができます。
なるべく細く入れて、細い鼻筋を作るのがポイントです。

おすすめのクッションハイライト

Fujiko Hikari Cushion

多彩なパールが配合されていて、自然なツヤ玉をつくってくれるフジコ ヒカリクッション。

ブロッコリーエキス、アロエベラ葉エキス、チャ葉エキスなどの美容成分が入っているので、つかうたびにキレイな輝くお肌に✨

moonshot ムーンフラッシュクッション

下地として顔全体にも使えるし、ベースメイクの仕上げにハイライトとしても使える万能クッションです。

ほんのりピンクパープルで肌のくすみをとばしてくれたり、UV機能(SPF50、PA+++)もあるため、マルチに使いやすい韓国のクッションハイライトです。

Sulwhasoo マルチ クッション ハイライト

パールベースのハイライトで、ツヤパウダー・ルミナスパールパウダーを配合。
清らかで澄んだ肌に仕上げるトーンアップ効果があり、透明感のある艶に仕上げたい方におすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

なんとなく、これ!といったものに出会えなかったハイライト難民さんは、ぜひ「クッションハイライト」を使ってみてください✨

瑞々しい艶で、お顔に立体感が生まれるので、きっと気に入っていただけると思います😊

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です